トップ > カスタム

カスタム

モノづくり

カスタムのことならすべて当店におまかせください。

カスタムのことならすべて当店におまかせください。

お客様のカスタムをコンサルティング。プロスタッフがお客様だけの一台を創造します。
かんたんなカスタムも、むずかしいカスタムも、とことん納得が行くまでお客様やスタッフと会話し、創造力をカタチにする。そんなプロセスをYSP杉並南は大切にしています。
YSP杉並南RRDはモノづくりの技術、ノウハウ、感性を磨くために年一回開催される東京モーターサイクルショウに出展。そこで得た技術、ノウハウをお客様のカスタマイズにフィードバックしております。他に真似の出来ないスペシャルな一台を製作、夢に描いたカスタムマシンを現実の世界へと導きます。また、流行を多角的に捕らえ、片寄らない情報を基にリアルタイムで斬新かつ独創的なモノづくりを具現化する夢工房です。
YSP杉並南RRDはプロダクトデザインにおけるモデリング、金属、板金加工、プレス加工、曲げ加工、バフ研磨加工、TIG溶接他各種加工設備を多数導入しており、ハードルの高いお客様のご注文にも瞬時にお応えできるよう、その環境を整えております。高度な技術が必要とされる「ワンオフパーツ」製作など、YSP杉並南RRDはカスタムフリークの強い味方です。

  • カスタムのことならすべて当店におまかせください。
  • カスタムのことならすべて当店におまかせください。
  • カスタムのことならすべて当店におまかせください。
  • カスタムのことならすべて当店におまかせください。

RRD

RRD(Rainbow Research and Design)はYSP杉並南の前身であるカスタムショップ、レインボーの自社商品開発のブランド名です。そのコンセプトはコンテンポラリーなデザインと独創的なモノづくりを目指すオリジナルカスタムブランド。
2003年10月にそれまでたくさんのお客様に親しんでいただいたレインボーからYSP杉並南にショップ名を変更いたしました。名前は変わりましたが、当社の原点であるモノづくりの精神は今でも生きています。
虹は姿や色、形を変えこれからも皆様の前に現れることでしょう。

RRD業務内容

デザイン
<プロダクトデザイン>
リサーチ
デザイン
モデリング 製造・改修・カスタム加工
各種試作(金属・樹脂・ファブリック)
ショウモデル製作
溶接
旋盤加工
フライス加工
プレス加工
バフ研磨鏡面加工
パイプ曲げ加工
へら絞り
カスタムペイント

設備一覧表

機械名称 メーカー 備考 写真
旋盤 TAKIZAWA Mitutoyo リニアス ケールカウンタ付 写真
バフ研磨機 TDRK YODOGAWA 集塵機付 写真
コンターマシン LUXO UR600 写真
ボール盤 KIRA KET420 写真
50トンプレス OSAKA JACK 特注品 写真
ハイトゲージ Mitutoyo HD30 HD60 写真
ノギス Mitutoyo ABSデジマチック キャリパ 写真
マイクロメーター Mitutoyo デジマチック 写真
メタル切断機 KOSOKU   写真
パイプベンダー TAIYO レールブースタ、ワイパ装置付 写真
アルゴン溶接機 Panasonic DAIHEN 写真
フライス盤 INOUE Mitutoyo リニアスケールカウンタ付 写真

技術料金表

母材 鉄・ステンレス アルミ
TIG・アルゴン溶剤 ¥8000〜 ¥9000〜
マフラー割れ溶剤 要見積り 要見積り
ストッパー肉盛り溶剤 要見積り 要見積り

上記料金は母材板厚4MM迄、溶接距離100MM以内です。基本的には全て現状確認の上、御見積りいたします。
他、加工料金に関しては、別途御見積りいたします。

ページトップへ

カスタムアルバム

カスタムアルバム

ここでは当店で仕上げたカスタム車輌を紹介していきます。随時新しいカスタム車輌を掲載していきます!あなたのバイクも載るかもしれません!!

M.Tさん FZ1−S

M.Tさん FZ1−S

M.Tさん FZ1−S

M.Tさん FZ1−S
一味違ったLEDカスタム!
ブラックカラーのエンジンにブルーが映える!!
ニュートラルセンサー連動の為、走行中は点灯しないという細かい演出も‥
EU YAMAHA ツーリングスモークスクリーン
ブルーLED(ニュートラル連動)

N.Oさん T−MAX

N.Oさん T−MAX

N.Oさん T−MAX

N.Oさん T−MAX
YSP杉並南オリジナルインターカラー仕様!
ローダウンと相まって良い感じです!!
オールペイント(YAMAHAインターカラー)
Y'sギア F.Rローダウン
デイトナ アルミナローバー&ハンドルカバー
SP忠男 スーパーコンバット ピュアスポーツ

T.Tさん Majesty

T.Tさん Majesty

T.Tさん Majesty

T.Tさん Majesty
一見おとなしい感じですが、足回りはガッチリ決まってます!
RRDステルスハンドルポスト
F.R B-2メッキホイール
F.R メッシュブレーキホース
F.R ブレンボメッキ4potキャリパー
F.R デイトナ WAVEディスクローター
カスタムシート
Jet's 140マフラー

K.Fさん DS250

K.Fさん DS250

K.Fさん DS250

K.Fさん DS250
キタ━━━━━━━━━☆゜・*:。.:(゜∀゜)゜・*:..:☆━━━━━━━━━!!
杉並南初!アメリカンに電飾!夜の撮影も初!
写真では伝わりませんが、なんと7色&14フラッシュパターン。
メッキパーツが際立ってます!
ウィンドシールド
グロウマスター2

F.Oさん GrandMajesty

F.Oさん GrandMajesty

F.Oさん GrandMajesty

F.Oさん GrandMajesty
Gマジェエアロスタイル!!
どこから見ても、迫力200%増!
RRDエアダクトモール
JET’sフェイスコンバート
BELLサイドアーマー
BELLリヤスポイラー
カスタムシート
Z−FOURCEファナティックマフラー
F,Rローダウン(サス&ブラケット)
ステップボード
マシンドステムカバー&ナローバー

N.Yさん GrandMajesty400

N.Yさん GrandMajesty400

N.Yさん GrandMajesty400

N.Yさん GrandMajesty400
当店のGマジェNo1カスタム!!(しかも400!)ブラックとシルバーで統一した高級感あふれる車輌です!
MAC MRD Fulltitanマフラー
Z-FORCE ツインエアチャージャーカールエンドタイプ
リヤフェンダーレスキット
フェイスコンバート
F,Rローダウン
ヨコハマライニングハンドルバーキット
POSH ユーロテールランプ
メッキクランクケースカバー
F,Rメッキホイール
メッキスイングアーム
メッキアウターチューブ
カスタムシート

T.Aさん Tricker

T.Aさん Tricker

T.Aさん Tricker

T.Aさん Tricker
遊びの幅を広げた、Off志向のカスタム。これなら林道も怖くない!‥からビジュアル的にも進化しました!
デイトナサイドカバー&インターカラーオールペイント
レンサルハンドルバー
DELTAマフラー
F&Rサスハイアップ
デイトナミニメーター
ホイールリムテープ
リヤキャリア
AIキャンセル
ハイシート&張替
フロントアップフェンダー

RRD MAXAM GoldTop

RRD MAXAM GoldTop

RRD MAXAM GoldTop

RRD MAXAM GoldTop
第32回モーターサイクルショー出展車両です。名前の通りのゴールドカラーと、オリジナルのスクエアマフラーに注目!!ローダウンは極限の130mmダウン!!!
ワンオフスクエアマフラー
エアダクトモール&LED
アウター&インナーオールペイント
メッキパーツゴールド塗装
ホワイトウォールタイヤ
フロント&リヤタイヤサイズアップ
3Dスラントスクリーン
シート&グリップホースハイドレザー&シルバージュエリー
フロントフォークアウターチューブカバー
オリジナルハンドルバー

T.Kさん FJR1300

T.Kさん FJR1300

T.Kさん FJR1300

T.Kさん FJR1300
ここまでやってるFJRは見たこと無い!まだまだ進化中?!
HIDヘッドライト
ポジションランプLED
モンスターズアイ
ワイバーンマフラー
オールペイント&ピンストライプ
ホイールパウダーコーティングペイント
オーリンズリヤサスペンション
GIVIロングスクリーン
ラジエターガード
電子ホーン
グリップヒーター

M.Oさん FZ6S Fazer

M.Oさん FZ6S Fazer

M.Oさん FZ6S Fazer

M.Oさん FZ6S Fazer
テーマは蝶の様に舞い蜂の様に刺す?カラーリングの迫力の中にもプリティーさは忘れません。
LeoVinceマフラー
HIDヘッドライト
LEDポジションランプ
オールペイント&ピンストライプ
スペシャルローダウンサスペンションスプリング
グリップヒーター
キョロちゃん

Y.Nさん Majesty

Y.Nさん Majesty

Y.Nさん Majesty

Y.Nさん Majesty
YSP杉並南オリジナルブランドRRDを多数使用したスペシャルカスタム!!
RRDフェイスキット
RRDステルスハンドルポスト&Vクランプライザー
RRDトリップウィング
RRDレッドビーム
RRDフットグリッパー
RRDスムースタックシート

デビルマフラー
オールペイント
ホイールペイント
ピンストライプ

Sさん Majesty

Sさん Majesty

Sさん Majesty

Sさん Majesty
大人のカスタム・LUXG&CHICにキマッテマス!
RRDメッキプーリーケース
RRDフットグリッパー

スクリーンレスカウル
サイドバイザー
アンダーカウル
サイドフラップ
MACMRDマフラー
B−3ホイールクロムメッキ加工
ハンドル周りクロムパーツ
ウィルズウィンエアクリーナー
フロント、リヤローダウン
オールペイント
カスタムシート

J.Oさん Tricker

J.Oさん Tricker

J.Oさん Tricker

J.Oさん Tricker
世界で1台だけ?!ワンオフのFMFサイレンサー!!
FMFマフラー
スモールウィンカー
リヤフェンダーレス
ハンドルカット
アクスルガード
クランクケースガード
リヤキャリパーガード
タンクカバーペイント(シルバーリーフ)
前後メッシュブレーキホース

ページトップへ

お買い得カスタムコンプリート

SR400

SR400

¥692,580 が → ¥579,000
マフラー スーパートラップ・メガホンタイプ
  ハンドルバー、スモールウィンカー
カスタムシート
グラブバー、フェンダーレス
オールペイント

ページトップへ

東京モーターサイクルショー出展車紹介

GRAND MAJESTY…31th Tokyo Motorcycle Show

GRAND MAJESTY…31th Tokyo Motorcycle Show

GRAND MAJESTY…31th Tokyo Motorcycle Show

GRAND MAJESTY…31th Tokyo Motorcycle Show

GRAND MAJESTY…31th Tokyo Motorcycle Show

「ビッグスクーターブームの到来」

その歴史はまだ新しく、姿を変え更に進化し続ける。
1990年代半ばから始まった第一次ビッグスクーターブーム。利便性に富んだその特性が若者ユーザーに受け入れられ「勢力」の幅を利かせ始める。
1996年以降二世代目、東京渋谷を中心に走るストリート系バイク達が徐々に変貌を始める。
所有するビッグスクーターを自由にドレスアップ。流儀・ルール・決まり事のない「何でもあり」のカスタムスタイルは現代の個性的な若者に絶大なる支持を得た。
2003年、急激な右肩上がり曲線はゆっくりと平行線に変り始め、永く続いた「まさかの症候群」21世紀ビッグスクーターブームは遂に成熟期を迎える。
「第三世代への突入」
落ち着き・静粛・重厚、それは第三世代へ向けられた新しいスタイルの提案。
「何でもあり」から「大人の空間」に方向性が変わりつつある。
2003年10月、第37回東京モーターショー。
待ちきれなく固唾をのむギャラリーの前でその「新しいマジェスティ」は全貌があらわとなった。形は勿論ビッグスクーターであるが、その車体からにじみ出る風貌は、明らかに別の方向性を示していた。アルマーニをクールに着こなすヤング・アダルト。人生のサクセス・ストーリーを知り尽くし、常に落ち着いた余裕な身のこなし。
そんな最高のこだわりを持ったビジネス・エグゼクティブにRRDがこの一台をご提案致します。

tricker…31th Tokyo Motorcycle Show

tricker…31th Tokyo Motorcycle Show Show

tricker…31th Tokyo Motorcycle Show

tricker…31th Tokyo Motorcycle Show

tricker…31th Tokyo Motorcycle Show

tricker…31th Tokyo Motorcycle Show

「エクストリームスポーツ」

スケボー、スノボー、サーフィン、BMX、ロッククライミング、etc
ありとあらゆるスポーツで人間が極限(エクストリーム)に挑むもの。
「エクストリーム走行」それは人間がバイクの極限を引き出すのではなく、バイクが人間に秘められた無限の可能性を「極限走行」という形で導き出す、究極の芸走である。
その凄まじきアクションライディングはギャラリーの視線を完全にクギ付けにし、自分自身の潜在意識に眠る「エクストリーム走行」への強い憧れに気付かされる事になる。
最高出力やトップスピードの追求ではない、あくまでもアクションライディングの美しさを求める。その奥深い「極限走行」の完成度を高める事、それを最大のカスタムコンセプトに置いて『YSP杉並南&RRD』が具現化させたのがこの一台。
究極エクストリームマシンの登場である。
「遊び、それは最上級のエクストリームスポーツ」
「走る・曲がる・止まる」。これは二輪車の常識的な基本運動性能の概念であり、バイクとしてのごく一般的な使用法でもある。
しかしこのトリッカーの目的は若干違い、それだけに留まらない「飛ぶ・すべる・逆立つ」というアイテムがプラスされる。
スライドコントロール・ウィリー・ハイジャンプ・ジャックナイフ&ストッピー。
遊びという究極のカテゴリーは、トリッカーオーナーそのものが「快感」の奥底に沈んでゆく魅惑の体験。
もはやこのRRDトリッカーのオーナーはライダーではなく、遊びの達人への階段を上り始めた「エクストリーム・スポーツアスリート」なのかもしれない。

Cygnus-X…30th Tokyo Motorcycle Show

Cygnus-X…30th Tokyo Motorcycle Show

Cygnus-X…30th Tokyo Motorcycle Show

Cygnus-X…30th Tokyo Motorcycle Show

Cygnus-X…30th Tokyo Motorcycle Show

Cygnus-X…30th Tokyo Motorcycle Show

Produced by

rainbow

※この車輌はレインボーにて製作されました※

ロングスイングアームを始め、フットボード部分のカスタムは「X」をモチーフに仕上げました。ヘッドライトガーニッシュを装着することによりフロントビューを引き締め、新開発の別体タンク式ダウンサスペンションでメカニカル感を表現。ストリートスタンダードを最大限に意識した新しい世界がここにあります。

◆LEDシートテールライト
◆フロントライトガーニッシュ
◆フットボード
◆ロングスイングアーム
◆ホワイトタイヤ

GRANTURISMO Majesty…30th Tokyo Motorcycle Show

GRANTURISMO Majesty…30th Tokyo Motorcycle Show

GRANTURISMO Majesty…30th Tokyo Motorcycle Show

GRANTURISMO Majesty…30th Tokyo Motorcycle Show

GRANTURISMO Majesty…30th Tokyo Motorcycle Show

GRANTURISMO Majesty…30th Tokyo Motorcycle Show

Produced by

rainbow

※この車輌はレインボーにて製作されました※

リアに取り付けた宙に浮くGT−WINGはディテールに抜かりの無いスポーティーな本格派志向です。
新製品フットグリッパーなど、見所豊富な逸品!「ロード・ゴーイング・GTマジェスティ」と命名されたこの一台。RRDが最終兵器としてこの春より投入いたします。

◆ステルスハンドルポスト ¥57,000
◆フットグリッパーブラック ¥47,000
◆GTリアウィング ¥59,800(予価)
◆GTテールレンズ ¥参考出品
◆バケットシートカウル ¥55,000
◆サブタンクローダウンサス ¥36,000

KAZZROCK Produce Cygnus-X…30th Tokyo Motorcycle Show

KAZZROCK Produce Cygnus-X…30th Tokyo Motorcycle Show

KAZZROCK Produce Cygnus-X…30th Tokyo Motorcycle Show

KAZZROCK Produce Cygnus-X…30th Tokyo Motorcycle Show

KAZZROCK Produce Cygnus-X…30th Tokyo Motorcycle Show

KAZZROCK Produce Cygnus-X…30th Tokyo Motorcycle Show

Produced by

rainbow

※この車輌はレインボーにて製作されました※

オリジナリティあふれる斬新なキャラクターで独自のスタイルを確立、その地位を不動のものとしたグラフィティアーティスト「カズロック氏」と、ストリート系カスタムショップ「レインボー」のコラボレーションが実現。他の追随を許さぬこの独創的スペシャルカスタムは今後のストリートのシーンを塗り替える強烈な個性を主張します。

◆サブタンクサス ¥36,000(5月中旬発売)
◆縦目デユアルヘッドライト ¥未定 受注生産
◆ボディーカウルシート ¥未定 受注生産
◆ハンドルキット ¥未定 近日発売

KAZZROCK Produce Majesty…30th Tokyo Motorcycle Show

KAZZROCK Produce Majesty…30th Tokyo Motorcycle Show

KAZZROCK Produce Majesty…30th Tokyo Motorcycle Show

KAZZROCK Produce Majesty…30th Tokyo Motorcycle Show

KAZZROCK Produce Majesty…30th Tokyo Motorcycle Show

KAZZROCK Produce Majesty…30th Tokyo Motorcycle Show

Produced by

rainbow

※この車輌はレインボーにて製作されました※

他と被る事ない無垢な発想で、我々を様々なシーンで魅了し続けるグラフィティアーティスト「カズロック氏」と「レインボー」のコラボレート作品。車両ベースはRRDコンプリート「FACE」。この強烈な一台にカズロック氏の魂が吹き込まれました、皆様のご記憶に「一生焼き付く作品」と自負しております。

◆FACEキット ¥88,000
◆マジェットマフラー ¥未定 受注生産
◆トリップウィング ¥54,900
◆ステルスハンドルポスト ¥54,000
◆フットグリッパー ¥32,000
◆リアガーニッシュ ¥15,900

ABOUT KAZZROCK…30th Tokyo Motorcycle Show

ABOUT KAZZROCK…30th Tokyo Motorcycle Show

ビッグスクーターブームが留まるどころか加速している今尚、トップを独走しているヤマハマジェスティ。その人気の秘訣はそのデザインから来るものと誰もが信じて疑いません。誰もが羨む生まれ持ったデザインの才能、他と被る事のない無垢な発想で、我々を様々なシーンで魅了し続けるグラフィティアーティスト「カズロック氏」。御大と「レインボー」とのコラボレート作品が出来上がりました。車両ベースはRRDコンプリート「FACE」。この強烈な一台にカズロック氏の魂が吹き込まれました、ご覧の皆様方のご記憶に「一生焼き付く作品」と自負しております。

1991年 ・自身によるGRAFFITI.HIPHOP等ストリートシーンでの様々な活動を目的とした団体、“VANGUARD”を設立し、渋谷を拠点とし本格的に活動を開始する。
1995年 ・アメリカ、ロサンゼルスのGRAFFITI団体、“CBS”の当時メンバーでもあったミアーの紹介で日本人で唯一CBSのメンバーである事を認められ、今現在も活動している。
1996年 ・原宿のSHOP、“TREASURE ISLAND”にて個展“GRAFFITI ART IN NOT A CRIME”を開くと同時にストリートブランド“STICK IT OUT”をスタートする。
1998年 ・WARP MAGAZINEにて自身にる連載ページ“CONTROL”をスタートさせる。
・スポーツブランド“CHANPION”とのダブルネーム企画で、T-シャツを発売。
・WARPの企画、PRO-KEDS WARP FLAVOR(シューズデザイン企画)にてKAZZROCK MODEL(KAZZROCK COMBAT)発売!
・レコードジャケット、ガレージキット、スノーボード、スケートボード、ゼンマイ人形・・・等のデザインを幅広く手掛け、この年遂に自身のブランド“KAZZROCK ORIGINAL”を立ち上げる。
2000年 ・WARP MAGAZINE 5月号、10月号付録の、NAUTICA SPECIAL(NAUTICAのシーズンコレクションカタログ)にて、FEATURINGされる。
2001年 ・4月にはhttp://www.kazzrock.comをスタートさせる。
・WARP MAGAZINE5月号から始まった企画ページ“BIKER`S PARADISE HONDA FTR×KAZZROCK”にて企画された“HONDA KAZZROCK展”が5月23日〜5月28日まで、青山にあるHONDA本社1Fで開催された。自身がプライベートでカスタムしていた車輛も展示され注目を浴びる。
・11月9日、アメリカ・ロサンゼルス・ダウンタウンのネイキッド(クラブ)にて、知り合いのコネクションを通じ、その日のイベント中にKAZZROCK ORIGINALのファッションショーやHIPHOPアーチストによるライブを行った。これから先の海外進出も考慮し、グローバルな展開を開始する。

ページトップへ