トップ > 初めてバイクを買うあなたへ

初めてバイクを買うあなたへ

YSP杉並南では、初めてバイクを買う方も大歓迎しています。今までにも多くの「免許とりたて」の方々を送り出してきました。あなたもどうぞ安心してお越し下さい。

初めての給油…ガソリンスタンドまで一緒に走りましょう

バイクの教習では、路上に出ませんよね。当然のことながら、まだ公道を走ったことがないはずです。バイクを買ってからお店を出るとき、たいていの方はおっかなびっくりです。
YSP杉並南では、初めてのバイクを買うあなたと、最初に給油するガソリンスタンドまで一緒に走り、ガソリンを入れるところまでお付き合いいたします。

バイクを買う前に知って欲しいこと

バイクは、あなたが今までに買ってきたモノとは、ちょっとだけ違うかもしれません。
お店選びや、中古車、保険のことなどなど、買う前に知っておいて欲しいことがあります。

どこで買っても同じだと思ってませんか?

どこで買っても同じだと思ってませんか?

バイクを買う際に価格の事で頭が一杯になりがちです。
少しでも安く購入をしたいと考えるのは当然の事。バイク購入の際に価格も大切な要素の一つではあるものの、購入後のアフターサービスを徹底的にサポートしてくれるショップかどうかを見極める事が肝心です。
しかし、アフターフォローがしっかりしている店と、そうでないショップを購入段階で見極めるのは難しく、「何のバイクを買うか」という以上に「どのショップで買うか」という事が非常に重要な要素となります。アフターサービスが万全でなければ、せっかく購入したバイクを存分に楽しむ事ができず、愛車と長い関係を保つ事ができません。
正確なバイクショップ選びは、楽しいバイクライフを送れるか否かの明暗をはっきりと分けるいわば、お相手(パートナー)探しなのです。

購入をはじめ、メンテや保険等、バイクの事は全て任せたい

そこでメーカーが安心して購入から修理全般、バイクライフに関わる全ての事をお任せ頂けるよう、ご用意しているのがヤマハバイク専門店「YSP」であります。「YSP杉並南で買って良かった!」と思って頂けるよう、万全の体制でお客様をバックアップ致します。「初心者なので優しく教えて欲しい」というお客様や「もうすぐ免許が取れそう」というお客様も安心してお気軽にご相談下さい。
購入後に修理やトラブルがあった時、そのショップのアフターサービス力が窺えます。お客様が求めている時に素早くスピーディーに、しかも気持ちよく対応する事が最高のアフターサービスと考えます。YSP杉並南のスタッフクオリティーの高さが、お客様を大満足の世界へお連れします

ページトップへ

中古車は本当に安いのでしょうか?

中古車は本当に安いのでしょうか?

「予算が少ないので中古車を探しているんですが」というお客様がたまにご来店されます。お客様のご予算をお伺いしてみると「もう少し上乗せして新車を購入した方がいいのになー」と思うケースも少なくありません。
将来を考えて長い目で見た場合、新車のほうが良いのは分かっているが、どうしても目先の数万円に心を奪われてしまう。
しかし、ここが運命の分かれ道。
全てとは言い切れませんが、ここで勝ち組となるか、敗け組になるかが決まってしまうと言っても過言では無いのです。中古車全般を否定する訳ではありません。中には本当に程度が良くて低走行距離のワンオーナー車が存在します。また、お知り合いから安く譲ってもらったというお話も聞きます。しかし、自分のお目当てバイクが極上の状態で、しかも色も希望通り、それが知り合いから安値で自分の手元に届くという確率は非常に低くなります。そうすると、少しでも安い中古車を買おうと中古ショップをまわります。ここに落とし穴があります。
バイクを探しにショップまわりを始めたお客様は、とにかく安い車両を手に入れようという事だけに目が行ってしまい、新車と中古車をじっくり検討する余裕がなくなってしまうのです。

新車が中古車の値段で売っていたら、それは安い。

ちょっと分かりにくい表現ですが、中古車は各所が消耗しているという事です。この消耗度合いによって中古車の相場が決まり、流通をして、価格が決定します。これからご購入しようとしているその中古車は、どの程度消耗品の残量が残っていますか?

  • バッテリーの寿命が来る迄、残り何ヶ月ですか。
  • ブレーキパッドの残量は?何キロ後に交換になりますか。
  • タイヤの残量はあと何%残っていますか。
  • 電球は・・クラッチは・・ベルトは・・・ウェイトローラーは・・・・

挙げていけばキリがありません。すぐにやってくるであろう次回のパーツ交換時に、前のオーナーの消耗を、セカンドオーナーのあなたが負担するようなものです。納車整備時にあらかた消耗品を無料で全部新品に交換をしてくれるのであれば、かなり良心的なお店・・・しかし、今までにそのような事例はほとんど聞いた事がありません。

バイクに限らず中古商品は、流通マージンとショップの利益が上乗せされております。そのような流通経路を経て店頭に並ぶ為、中古車といっても信じられないようなプライス(新車とそんなに変わらない)が付けられている場合があります。
メーカー保証が切れている中古車の場合「保証付き」というのは購入したショップで付ける保証なので、全国どこの場所でも保証を受けるという訳にはいきません。
また、オークション等で仕入れた車両に関しては前オーナーの顔が全く見えない為、どのような整備をされてきたのか皆目見当が付きません。

もう一度整理をしてみましょう。(もちろん、全ての中古車がそうだという事ではありませんし、新車と比べてという話であります。)

  • 高い車両価格
  • 消耗品
  • 保証
  • 整備内容の不透明さ

こう考えてみると、少々金額を上乗せしてでも、新車に乗る方がお得になるケースが多いという事が見えてきます。

更に決め手となる最後の項目があります。下取り/買取り時の査定が、中古車より新車の方が圧倒的に有利で高い、という事です。
乗り方や車両の状況によりますが、年式落ちの新車でない限り、その新車は今年のモデル。新車購入2年後にバイクを下取り/買取りに出した場合と、3年落ちで購入した中古車を、同じく2年後にバイクを下取り/買取りに出した場合では、

『2年落ちの中古車』 vs 『5年落ちの中古車(しかも2オーナー以上)』

という事となります。
2年と5年を比べた場合どちらが査定が高いかは、言うまでもありません。
実際に中古車を買うシチュエーションで2年と5年。イメージいかがですか・・・

具体的な価格は表せませんが2年前のバイクと5年前のバイクを比べた場合、2年落ちのバイクが良いに決まっています。必然的に2年モノを欲しがる人が多くなりますので、相場の原理で2年ものが高くなります。販売価格が高いという事は、買取価格も高くなります。非常にわかりやすい。

先行投資(新車ご購入)をしたお客様が、最終的には得をする

新車をご購入すると言う事はすなわち、数年後までの先行投資とお考え頂ければ幸いです。消耗品の心配も当面はなく、オイル交換と定期点検をして頂ければしばらくはお金がそれ程かからないのです。メーカー保証も無条件で二年間、プラスYSPによる新車ご購入のお客様に対しての豊富なバックアップメニューの数々。いい事ばかり(新車なので当たり前ですが)。

色々と例を挙げさせて頂きましたが、やはり新車の最大の魅力は「ファースト・オーナー」というところではないでしょうか。
走行0kmから始まる愛車との長いお付き合い、初回点検、新車独特の匂い、いつまでも磨いていたいワクワクするあの感覚。中古車では決して味わえない醍醐味が新車にはあります。

さあ、貴方もほんの少しの勇気を出して新車にしませんか。
YSP杉並南が万全の体制で、お客様をバックアップ致します。

ページトップへ

値引きだけを見ていませんか?

一般的に販売されているオートバイは、その車両本体価格だけでは乗る事ができません。車両本体価格の他、俗に言う「登録諸費用(後、諸費用)」が必要となります。公道を走るためにはナンバー登録をして強制保険を掛け、税金等を納めなければなりません。

車両価格+諸費用=総支払額(乗りだし価格)となります。

バイクの値段を広告等で表示する場合、大幅に値引かれた車両本体価格のみを表示します、「●●万円引き♪ 激安です!」等の広告です。安値量販店などに多いパターンです。

どんな商品にも値段があり、新車オートバイの場合オープン価格(定価を設定せず、ショップ各々が販売価格を決める。家電製品などに多い)は非常に少なく、ほとんどのバイクにメーカー希望小売価格が定められています。そうなると定価を引き合いに出し「当店の車両本体価格は、定価の●●万円引き」「どこよりも安い車両価格!」少しでも他店より安く見せたいので、車両本体価格をおもいっきり値引きします。そのおもいっきり値引きした分を、今度は諸費用におもいっきり上乗せします。おもいっきり上乗せされた高い諸費用は広告には勿論、あまり表面には出て来ません。
一般的に本体以外に諸費用が掛かる商品というのは、非常に少ないはず。しかしバイク本体だけ買っても乗れないという事を皆様は、なんとなくご理解されています。ここが最大の焦点であります。

バイク購入時の登録諸費用の相場を、一般の方は知りません。ショップ側から「●●万円の諸費用が掛かります」と言われれば「そうなんだ」と変な納得をし、「車両価格が安い!」というイメージが頭の中を大きく占領している為、高額の諸費用やローンの高金利に目が行かなくなります。車体価格の値引き額が多くても、諸費用が高くては意味がありません。
数字のトリックを使った価格訴求が増えております。「安い」事がいけないのではなく、一見安く見えるが実はそうでもないという、騙しのような販売方法が問題であるとお伝えしたいのです。後でそのトリックに気がついたお客様はどうでしょうか、不快のどん底に陥る事でしょう。明朗会計は商売の基本です。お客様を騙し、欺き、陥れる行為は許されません。

ページトップへ

自分が加害者になる可能性を忘れていませんか?

さて、バイクに乗る以上、「もしもの時」のことも考えておかねばなりません。あまり愉快なことではありませんが、事故等の最悪の事態も想定しておいて欲しいのです。そんなとき、絶対に必要となってくるのが保険です。保険には自賠責保険(通称=強制保険)と、任意保険の、2種類があります。

火事や地震など、様々な災害は何時自分に降りかかるか解りません。交通事故も一緒です。自分の過失が多かれ少なかれ、交通事故を起こしてしまった大半の方は「まさか自分が事故を起こすとは思わなかった」と言います。仮にこちら側はほとんど悪くない事故であったとしても、現実に事故は起こっている訳です。違う考え方をすれば「事故は自分と無縁のもの」と思っている人程、事故を起こす確立が高いのかもしれません。

事故に遭わぬよう十分に気を付けている“つもり”なので、まさか自分のバイクが出会い頭に、いきなり飛び出してきた自転車や歩行者を跳ね飛ばして相手を死亡させてしまう事になるとは、夢にも思わないのです。「相手がいきなり飛び出してきた」と言っても、そんな事は理由になりません。飛び出して来そうな気配があった場合、こちら(バイク)が減速もしくは徐行をしなければいけません。こちら側がバイクやクルマ、相手が自転車や歩行者の場合、こちら側はかなりキツイ状況に立たされる事は、言うまでもありません。
それが原因で、億単位の損害賠償請求が届き、資産は全て被害者側に差し押さえられ、その事故の為に大切な人生、一生を棒に振る事に・・・

ならないようにするのが、任意保険であります。

万が一起こしてしまった交通事故。事故当事者同士、お互いの金銭面問題を少しでもスピーディ且つ円滑に進めましょうというのが、任意保険であります。相手方のケガなどに対し、自賠責保険ではまかなえない金額をサポートしてくれます。
備えあれば憂いなし「入っていて良かった」と皆様、事故に遭われた方は胸を撫で下ろしている事でしょう。
バイクに乗る為の安心費用とお考になり、是非とも任意保険にご加入下さい。

任意保険ご加入に関しての詳しい内容は、東京海上日動ホームページをご確認頂くか、当店スタッフまでお気軽にご相談下さい。

最初からカスタム

たとえば、初心者の方も安心。大人気の「カスタムコンプリート」

カスタムをしたいがどんなマフラーがあってどんなハンドルがあるのかイマイチ良く分らない、しかもカスタムの方向性も決まっていない。そんなお客様に是非お勧めしたいのがYSP杉並南「カスタムコンプリート」です。

詳しくはこちら

ページトップへ